orukaペットクリニック

犬、猫、うさぎ、フェレット、ハムスターの体調管理は東岩槻の動物病院オルカペットクリニックで。

よくある病気

寄生虫や不妊手術等の予防処置、歯石や外耳炎などの日常的な病気から胆泥症、膀胱結石、心臓病など年齢とともに増えてくる病気のことなどを獣医師目線から飼い主様目線まで、様々な面からお話しをしたいと思います。

 

<寄生虫>

・・・と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか??

大きく分けると体内に寄生するものと体表に寄生するものになりますが、

一般の方に馴染み深いのは体表に寄生するノミやマダニでしょう。

動物を飼っていて今まで見たことない方はラッキーです!

もしくは気を付けて厳重に予防をされているかでしょう。

僕らは仕事上春から秋にかけて、毎月のように遭遇いたします。

自然豊かな土地にいくほどその寄生頻度は高いです。

全身ノミやダニだらけの動物が衰弱して死んでしまった例を何回か見たことがありますが、

なぜここまで飼い主さんが気づかないのかと哀しくなってしまう事も多々あります。

 

ノミを1匹見つけたら他にもその5~10倍いるとお考えください。

ペットの体にノミを見つけたら家の中にはすでにノミの卵がたくさん落ちているとお考えください。

ぞっとしますよね。。。

一回家に入られたら撲滅はかなり大変です。

まず、動物には当然駆虫薬を使用しますが、

家の中をくまなく掃除し、毛布、敷物、キャリーの類は全て洗います。

特に動物に使用していた毛布など、捨てられるのであれば捨ててください。

そのうえでバルサンのような殺虫成分の煙で家の中隅々まで煙でいぶします。

中途半端な処理をしてしまうとそのシーズンは大丈夫でも、

来年の春あたりに家の中で大発生することがあります。。。

また、寄生虫による飼い主様への影響がここ何年か話題になっています。

テレビでも放送され一番有名なものはSFTS(重症熱性血小減少症候群)です。

マダニによって媒介されたウイルスが原因で、

2013年に初めて国内で報告されてから、

現在までに400症例ほどが報告されています。(2019年現在)

有効な予防・治療法は無く対症療法のみとされ、致死率は6~30%です。

国内でも今までに70名近くの人が亡くなっています。

とにかくダニがいるようなところに行く前に必ず愛犬に駆虫予防薬をつけましょう。

キャンプ、山菜取りなど自然豊かなところに行く場合には特に要注意です!!

犬から人、人から人もあるとのこと、愛犬にはしっかりと予防させてください。

 

またこれとは別に昨今問題になってるのは耐性ノミの増加です。

今まで主流だった成分は20~30年前に発売されたものですので、

弱りはしても生き残るノミの子孫が増えてきています。

量販店では安くても効かない薬が山ほど置いてあります。

殺鼠剤が効かないスーパーネズミが出てきているのと同様なことがノミにもあるのです。

かわいい愛犬愛猫を守るためにも、

より安心安全な薬を使用して病気は予防に努めましょう!

 

 

 

外耳炎

アレルギー

歯石

肥満

鼻涙管閉塞

胆泥症

 

現在工事中 m(__)m