orukaペットクリニック

犬、猫、うさぎ、フェレット、ハムスターの体調管理は東岩槻の動物病院オルカペットクリニックで。

初診の方へ

 

こんにちは

ORUKAペットクリニックのHPに訪問していただきありがとうございます。^^

初めて来院される方がスムーズにストレス無く治療や予防を受けられるように

初診時の流れや事前にお願いしたいことなどをこちらでお知らせしたいと思います。

まず、当院は現在のところ予約診療ではございませんので

診療時間内にお越しいただければ大丈夫です。

また、トリミングやホテルご希望の方は『トリミング』『初めての方へ』でご説明致します。

 

 

初診の場合、最初はお時間がかかりますので

少し余裕をもってご来院された方が良いかと思います。

朝と夕の診療開始後の1時間が平均的には混み合う時間ですので、

鳴き声や他人の声でペットが緊張しやすい場合にはその時間帯を避けるのが良いかもしれません。

ワクチン接種などは注射後にアレルギー反応などの心配もございますので、

遅い時間も避けたほうが良いかと思います。

基本的な流れは

初診受付➡問診表記入➡診察➡処置やトリミング➡会計 です。

 

詳しくは・・・

ご来院後、受付にて初めてと言っていただければ問診表をお渡しいたします。

予約のホテルやトリミングの場合はその旨をお伝えください。

問診表では今までのワクチン、フィラリアなど予防歴全般、

飼い方全般(食餌の回数種類、シャンプーや散歩の頻度等)、

性別、生年月日、購入店名、保護施設名、紹介してくださった方の名前などをご記入お願いいたしますので、

ご家族で確認してからお越し下さるとスムーズかもしれません。

(ちなみにご紹介ですと初診料が無料になり、ご紹介頂いた方も当院特製のお楽しみクジが引けます!)

 

ご記入後はスタッフから幾つか確認質問等をいたします。

特に病気の場合はその症状がいつから、どの位の頻度なのか、他院での治療歴など、

思い出せる限りしっかりとご記入お願いいたします。

受付で話した事が診察室で獣医師と話すと内容が変わる方もおられますので、

焦らず正直に分からないところは思い出せるところだけで大丈夫です。^^

その前後でペットの写真や体重、マイクロチップなどを測定いたします。

診察券にペットのお顔が載るので緊張しない診察前に可能な限り撮影を致したく思います。

体調が悪くて表情に影響が出る場合には治った後に撮影することもございます。

 

診察は基本的に来院順ですが、この流れですでに15分~20分ほどはかかりますので、

後から来院された方が先に診察されるケースもございますのでご了承ください。

 

ただしペットの状態が悪い場合には一番最初にスタッフにお申し付けください。

記入を後回しにして一番最初に動物を診る事も可能です。

緊急的な処置を必要とするケースもございますので、

ご自身では判断出来ない場合にはどうかご気兼ねなくスタッフにお申し付けください。

そのような場合には最初に動物の状態を

一目だけでもスタッフに見てもらう事を強くお勧め致します。

状態が良くないと判断された場合には待合室に獣医師も飛んで参ります!笑

 

このような理由で順番が前後することがございます。

場合によっては緊急処置で午前の診療が中断、お待ちいただくか、

また午後に来てくださいなんてこともあったりします。

現在獣医師は一名で診療していますのでそのような場合には大変ご不便をお掛け致しますが、

急患対応の出来る状況では最善の努力をしたいと思いますので何卒ご理解下さい。

 

待合室でお待ちいただいている間には、壁のテレビモニターにて

予防関連ニュースや最新のペットの健康豆知識などの映像を流しております。

他にも院内掲示板にて様々な情報を載せておりますのでご覧いただければと思います。

順番になりましたらお呼びいたしますので、

出来れば病気の診察ではいつもお世話をしていて扱いに慣れた方、

この度の来院理由に精通している方を同伴してください。

それが無理な場合にはその方からのお手紙等持参でもかまいません。

 

なんだか分からないけど調子が悪いと言われて代わりに連れてきた・・・

このパターンですと情報が少ないために判断が難しく、全体的な検査をせざるを得ません。

余計な費用やストレスを与えてしまうのは当院としても本望ではございませんが、

ペットの命をお守りするために必要ですのでご了承ください。

お忙しいかと存じますが愛するペットのために時間を作ってあげてください。

 

初めて来院される方は人も動物も緊張されていることかと思います。

特に猫や人見知りする動物をお連れになる場合に待合室が騒がしいケースでは

診察前ですでに動物のストレスは極限に達します。

出来るだけ穏やかになれるよう、お外又はお車内でお待ちいただく事もお考えください。

その場合には一言スタッフにお申し付けください。

順番が来た時にその場までスタッフがお声かけしに参ります。

 

また、パニックになった動物は想定外の行動を取ります。

怯えて吠える犬、不安そうに鳴く猫、知らない人たち・・・動物にはストレスだらけです。

慌てて逃げだして屋外の道路に飛び出すことが実際動物病院ではよくあります。

 

 

 

 

 

悲しい惨事を引き起こさないためにも、特に怖がりの動物をお連れする場合には

初診に限らずキャリーケースを使用しての来院を強くお勧め致します。

かかりつけ医がお休み等で当院をご利用する場合には

検査や治療歴、投薬中のお薬、ワクチン証明書など、手元にある資料は全てお持ちください。

それらを確認させていただく事は

これから当院で行う処置がそれまでの治療を台無しにしてしまう事を未然に防いだり、

又は重複してしまう余計な検査などを回避する事につながります。

正確な判断のためにも必ずお持ちください。

出来るだけ動物の現状と飼い主様の希望に沿った治療

を願っておりますのでよろしくお願い致します。

 

最後ですが・・・事前に休診かどうか確認をお願い致します。

お電話でもホームページでも構いません。

せっかくご来院されても休診日だった!ではご足労だけをおかけしてしまいます。

駐車場は正面に4台、隣に3台ございますので位置をご確認下さいませ。

ではくれぐれもお気をつけてお越しください。

スタッフ一同お待ちしております。